-クーポンを利用して首都圏のキャバクラで遊ぶ-

お金無い男性必見!キャバクラ遊びをなるべく安く済ませる方法4選

お得にキャバクラで遊ぶなら”クーポン”は外せない

キャバクラの料金も安くはないので、遊ぶならクーポンを使ってお得に遊びたいですよねw

俺もよくキャバクラに遊びに行くんすけど、やっぱりクーポンは欠かせませんww

けど、実はキャバクラで安く遊ぶためにはクーポン以外の裏ワザも使うべきなんです!

最初は俺も「キャバクラでクーポン使うとかケチくさ…」って思ってたんすけど、今となってはクーポンは使うことは大前提。

そこからさらにあの手この手を使ってキャバクラで安く遊ぶことに全力投球の毎日を送ってます!

そのおかげで(?)、最近はリアルの男友達には『キャバクラで遊ぶならこいつを呼べ!』なんて言われるようにもなりましたw

あ、「こいつ」っていうのは当然俺のことです。
そんなわけで、今回は身内からも評判の(正直教えたくなかった)俺のキャバクラで安く遊ぶための裏ワザについてこっそり教えます!ww

キャバクラの店長と仲良くなると安くなる

そもそも、キャバクラの高い料金を決めてるのは誰か。
そう、そのキャバクラの店長です。

当然キャバクラにもその地域ごとの「相場」ってやつがありますが、その店を格安店にするか高級店にするか、はたまたどんな料金設定にするかは店長次第でもあります!

それって、裏を返せば「店長さえ認めれば、値引きが通用する」っていうことw

キャバクラではキャストと仲良くなることはもちろん、安く遊びたいなら店長や、その店でベテランと思われるボーイと仲良くなりましょうw

店の料金に口出しできる人と仲良くなれば、下記みたいな感じが通用する可能性も!
「今日手持ちあんまり無いんで負けてくださいよ〜」
「これサービスしてくださいよ〜」

気前の良い人だったら、逆に店長の方から常連限定のクーポンや割引券をもらえる可能性もあるので、キャストだけじゃなくてスタッフにもフレンドリーに接してください。

とはいえ、当然店長も客商売をする身なんで、仲良くなって受けられる割引はたかがしれてるもんだと思っておきましょうw

キャバクラが空いている時間帯に入店する

キャバクラを安く楽しく遊びたいなら、時間帯にも注目してみてください!

キャバクラでは、実はセット料金そのものが時間帯によって違うところもあるんすよね。

特に20時、22時とキャバクラは夜が遅くなるにつれて繁盛するところが多くて、店側は繁盛する時間に料金を高くすることで利益を上げています。

けど、逆に言えば店が空いていることが多い開店直後、18時とか19時の時間帯だとセット料金も安くしてる店が多いんです!

空いてるとキャストやスタッフも客ひとりひとりに余裕を持って接してくれるんで、オープン直後は基本料金も安いしその店を最大限満喫できて一石二鳥。

キャバクラを安く存分に楽しむなら、仕事を急ピッチで終わらせて残業せずに目的の店に直行しましょうw

ハウスボトル以外は頼まないようにする

キャバクラでは基本のセット料金以外に、ボトルやドリンク、フードなんかのオプション料金もありますよね。
このボトルやフードのオプション料金がキャバクラでは特にかさみがち!

けど、お酒を頼まなければ飲まず食わずでキャストの接客を受けなければいけないかというとそうではなく、ほとんどのキャバクラではハウスボトルが用意されてます。

だからお酒を頼まなくてもお客はハウスボトルの酒を飲みながらキャバ嬢の接客を受けられるんすよね。

当然オプション料金が発生すればその分キャストの売上にも加算されますけど、安く遊びたいならその気持ちを優先させるもよし!
オプション料金が掛からなければ、その店で最大限安く遊ぶことができますよねw

延長料金が発生する前にキャバクラを出る

キャバクラは基本的に時間制で、決められた時間が来たら延長料金を支払うか、お店を出るかの2択です。

楽しい時間を過ごせば過ごすほど、もっと長く遊びたいって思うかもしれませんが、ここで安く済ませれば、お財布に余裕ができてまた遊びに来ることもできる!

そういうスタンスで、遊びたい気持ちをグッと我慢して延長料金が掛かる前に店を出ましょうw

店によっては時間を過ぎれば自動的に延長料金が発生する「自動延長制」の店も多いんで、腕時計を付けて時間をちゃんと自分でチェックしておくことをおすすめしますw

いっそのこと朝・昼キャバやガールズバーに行く

『キャバクラで安く遊びたい気持ちはあるけど、そもそもキャバクラの料金は高い!』
そう思ってるなら、いっそのこと比較的料金が安い朝・昼キャバやガールズバーに行くのもおすすめ。

朝昼に営業してる朝・昼キャバは客足が少なくなりやすい分、料金は比較的安め。

それでいて夜とほぼ同じ接客を受けられるので、夜キャバで無理するくらいなら、割り切って朝昼キャバに行くのも十分メリットがあります!w
それに、朝昼キャバは土日にも営業してる店も多いですし。

朝昼に時間が取れない、良さそうな店が近くに見つからないっていう場合はガールズバーを選ぶのも良いですよね。

関連記事

自己紹介

俺の写真
どこにでもいるサラリーマン。
現在25歳。

収入も普通。顔も普通。なにもかもが普通。
ただ月によっては生活がキツイ。
だけどまだ若いんだし遊びたい!
カワイイ女の子と飲みたい!
キャバクラいきたい!

しがない若手サラリーマンが、少しでも安くキャバクラで楽しめる方法を考えて「クーポンを利用すること」にいきついた。
最初はケチみたいで恥ずかしかったけどもうクーポン利用しないでキャバクラにいくとか考えられないと思える境地に達した。

さぁ日本中の男子たちよ!
なる安でキャバクラで飲もうぜw

歌舞伎町無料案内所